ねこの生活と意見 nekokane.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

きょうも良き日


by neko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


帰り新参


3月末に契約解除になった岐阜県の音楽堂、サラマンカホールに呼び戻され8月からホールの事業をしている。まあ出戻りとかと言うやつ。
契約解除になったのは前指定管理者代表が不正を働いたからで、次の管理者からは継続されなかった。
やり残したと言うより何もやっていないような状態で終わった。

その後、すぐにホールから単独の企画依頼があって、先月戻ることになったのだが、仕事にノリがでるのは時間がかかる。いつもはすぐに自分のぺースで運べるのに、どうも調子が出ない。
雇い主の社風が違っているが、別にやりにくいわけではない、というかやりやすい気がする。
あえて言うならポジションかも知れない。ディレクターはいるのだが、ほぼわたしがその仕事に当たっている。こういう状態が続くのは良いことではない。
ま、こわいものはないのでやるしかない。
たぶん、わたしにはわたしにしかできないことが残されている。
f0064415_22541825.jpg
びわ湖ホールへ出かける。
「四大テノール」公演を聴きに行くことと親しくしている事業のスタッフに挨拶。
四人のテノールのなかの3人は大学オペラでともに苦労をしてきた仲間なので、身内の気分。
わたしが写した彼らの写真がチラシやプログラムに使われている。ホントにうれしい!
ボールはびわ湖に面しているが、この光景はズルイ。
音楽を楽しんだ後、この景色をながめながら、カフェのオープンデッキでビール。

夕暮れが夜に変わる時間まで、湖畔を歩く。
f0064415_231193.jpg
少年が迫る闇と競うように懸命に釣っていた。
夏の終わりがすぐそこに来ている。
[PR]
by kanekonekokane | 2012-09-24 23:03

ヘングレ2幕


f0064415_2216254.jpg
オペラというものが、やっと面白くなったと言う気がする。
こんなにいっぱいの観客に自分たちが創りあげてきたものを観てくれている。
「清姫」以上にいっぱいだ!
稽古場で言ってきた小理屈なんぞ、どうでも良くなってくる。

休憩がおわってから、お母さんとお父さんがヘンゼルとグレーテルを捜しに客席に登場する。
「ねえ、ヘンゼルとグレーテルがどこに行ったか知っている?」
すかさず「森!」
f0064415_2233565.jpg
客席が暗くなるといつのまにかに、ヘングレの二人は森で寝ている。
「後ろにいるよ!」子どものリアリズム・・・
二人が客席のドアから出て行こうとすると、「そっちじゃないよ」
f0064415_22163822.jpg
お菓子の家。
このお菓子は助手が、ほとんど一人でつくったのだが、美術で一番心配だったところ。
しかし見事!
f0064415_22164827.jpg
ともかく、子どもたくさん出す。これが基本方針。
f0064415_2217144.jpg
一輪車とキックボード。
f0064415_22171446.jpg
とらわれの子どもたちは一幕から「お客さん」で一番前に座っていて、魔女がやっつけられてからその場で歌い出す。
f0064415_2244964.jpg
大団円で魔女も妖精も全員が登場。
クラッカーを一発!
[PR]
by kanekonekokane | 2012-09-22 22:48