ねこの生活と意見 nekokane.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

きょうも良き日


by neko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧



f0064415_10483310.jpg
学生と一緒に京都の冬を楽しむ。
北野天神は、平安時代の学者で政治家の菅原道真を祀っている。彼の誕生日が承和12年(845年)6月25日、命日が延喜3年(903年)2月25日と25日でそろっているので、毎月25日は縁日となっている。
境内や道に、数百軒に及ぶ露店が出る。
f0064415_10482074.jpg
まずは、この楽しい形にカットされたジャガイモのフライを食べる。いろいろな調味ふりかけを好みでかけるのだが、わたしは「豚キムチ」。
f0064415_10484536.jpg
玉こんにゃく。「嫌なにおいが、せえへんやろ、スーパーで売っているヤツなんかとは違いまっせ!」
売るほうも勢いがあるし、買うほうも(わたしたちは冷やかしだが)楽しみがある。
「商い」という言葉がぴったりな感じがする。
「ここは、クリスマスのフンイキが無いわ」と学生。確かに!

さて、本当の目的はこちらの歌舞練場の見学。
f0064415_10491692.jpg
歌舞練場は文字通り「舞妓はん」たちの稽古場である。いわば芸妓を育てる専門学校の付属劇場。
入り口に橋がかかっている。
「日常から、ハレの極楽世界へ渡ろう」というメッセージがこめられているデザインである。
f0064415_1122083.jpg
裏方さんから、劇場の説明を受ける。歌舞伎と同じ定式幕。
歌舞練場は京都に4ヶ所残っていて、映画館兼用に改築された「祇園会館」を含めて5ヶ所で「をどり」の公演がおこなわれる。
春に先斗町の歌舞練場に「鴨川をどり」を学生と見に行くのも恒例になっている。
f0064415_1049047.jpg
舞台の天井。いわゆる「すのこ」あるいは「ぶどう棚」。
いまだに竹と木と荒縄の構造。「こんなところにあがれるなんて」、と学生はこわごわながらも大はしゃぎ。

f0064415_1049285.jpg
見学が終わって、粟餅屋さんでホッこりする。このお店は満員という盛況だが、注文を受けてから、ひとつづつお餅を丸めて作っている。
滑らかなあんこに包まれた餅には粟の粒々が残っている。
きな粉の素朴で乾いた食感と粟餅のしっとりの組み合わせ。
どうってことのない番茶もお餅の味を生かすベストマッチ。
クリスマスケーキなんてものが、つまらないものに見えてくる、というといい過ぎかな。

*このブログの[2006-11-16]に昨年の歌舞練場の見学が、[2006-5-25]に「鴨川をどり」のことが載っております。
[PR]
by kanekonekokane | 2007-12-30 11:54

冬の漁村


漁村は、ぶらっとあてもなしに訪れる旅の行き先にいい。
断崖と磯にはさまれた狭い土地にへばりつくような港。
暖流にはぐくまれた緑濃い密林に囲まれた神社。
狭い階段や急坂が入り組んだ集落のなかを迷ってみる。
f0064415_23535451.jpg
狛犬の右前足は鬼を捕まえている
f0064415_2354859.jpg
漁からもどってきた
f0064415_23542016.jpg
冬の空に咲くアロエ
f0064415_23543241.jpg
魚を干している  
                    志摩波切、鳥羽国崎で
[PR]
by kanekonekokane | 2007-12-18 00:02

記念の写真


 11月24日は満月であった。勤労感謝の翌日で、スッキリ晴れたいい夜。
 GONNAのマネージャYukiと共通の友人とで大文字山に登った。

 大文字山は学生時代に部活で、広小路の大学から走って登った山である。
 社会人の山岳会に入ってからも何度か夜間に登ったことがあるし、大の字の中心の祠で泊まったこともあった。
f0064415_2233530.jpg

 この日の夜景は満月のおかげで、ぼやっとしていたが久々の京都の夜景でウィスキーを飲んだ。
 さあ、降りようか、と飲みきれないウィスキーを祠の仏様の前に灌いだ。
 思えば、大の字は人形(ひとがた)の送り火である。ならば、送るべき人に一献捧げたことにしよう。
 振り仰げば、大文字の山頂から煌々と満月が地上を照らしている。
f0064415_2234671.jpg

 こんな撮影しにくいものはないのだが、ふとカメラを向けて撮ってみた。データに21時49分と記録されている。
 LEDを点けて下山をはじめたら、Yukiが「灯りを消して」という。
 もっともだ、こんな明るい夜なのだから、
と消して、少し歩いたらすぐに転んで右足首をひねった。

 夜更けに、95歳になる父が21時49分に亡くなった、と電話があった。
 あとで、あのとき父がきたのかな、とも思ったが、単なる偶然だろう。
 しかし、満月の写真は、記念というにはずいぶん符合のあうものになってしまった。
[PR]
by kanekonekokane | 2007-12-06 22:46

下谷上農村歌舞伎舞台


1840年に建てられた歌舞伎舞台を見学しに行った。
神戸市北区で、裏六甲といわれる山間の農村にある。毎年学生たちの学外授業で出かけるのだが、今年は大阪音大生が一人、京都市立芸大生がふたり、という少ない参加になった。
扉を開けて準備して待っていて下さる保存会の方のほうが多かった。
f0064415_014637.jpg
焚き火で暖をとる

f0064415_031489.jpg
保存会の田中会長さんが若いときの思い出を交えて熱心に説明してくれる。

f0064415_045511.jpg
これは花道の「裏動線」。
この掘り溝の上に花道が仮設されるわけである。
客席は芝生で、まさに「芝居」見物の場になる。

*このブログの[2006-11-18]に昨年のピクニックの様子が載っております。
[PR]
by kanekonekokane | 2007-12-03 00:08

無動寺


f0064415_049654.jpg
下谷上の集落から山田の里を無動寺まで歩く。
柿の実を採っている老夫婦。
f0064415_0512460.jpg
無動寺
f0064415_053749.jpg

落ちたもみじのほうが好きだ、と同行の学生が言った。
f0064415_0511372.jpg
なるほど、、

*[2006-12-01]のブログに昨年のピクニックの様子があります。
[PR]
by kanekonekokane | 2007-12-02 00:57