ねこの生活と意見 nekokane.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

きょうも良き日


by neko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧



また松本。

旅するということはこういうことかな、と松本営業の旅で思った。
人に会うことが旅なのだ、と。
仕事で出かけても、人とのふれあいをいつも大事にする。
いや仕事だからこそ、人との出会いを大切にしてきたはず。
これまでも、いい旅はいい仕事であった、と思う。
f0064415_20243790.jpg
古い百姓家の「たまり場」を訪ねた。
たまたま、囲炉裏端の小さなコンサートがあって、
コンサートのチケットを売るつもりでいき、コンサートの客になる。
時間がもったいないなどとは思わない。
こうして同席した人たちと短い時間だが、
懐かしい歌たちを聴いていこうじゃないか。

 「枯野に咲いた小さな花のように 
  なんてさびしいこの夕暮れ
  とどかない想い抱いて、、、」(ウニャ・ラモス「灰色の瞳」)
                        松本市中山「喜源治」で
[PR]
by kanekonekokane | 2007-09-25 20:38

未来


f0064415_130812.jpg
公演の営業のために松本に通っているが、こんな子どもたちに出会えた。
力いっぱい荒馬を踊る。
f0064415_1253617.jpg
エイサーを踊る子どもたち、いつかこの中から日本の民舞を背負う踊り手が出るかもしれない。
f0064415_1255877.jpg
いや、そんなことはどうでもいいことだ。いま踊りに汗をかく。懸命に太鼓を打つ。それ以上はなにも必要でない。
        「迦桜羅(ガルーダ)」(松本市)の稽古場で
[PR]
by kanekonekokane | 2007-09-22 01:53

浮御堂


f0064415_0414721.jpg

9月になったけど、夏の日差しはきつい。
堅田の浮御堂のそば。
少年の夏休み最後の日。
[PR]
by kanekonekokane | 2007-09-14 00:44

祭りの準備


f0064415_23592682.jpg
神社の境内の闇の中、切り抜かれたように明るい電灯の下で、扇を持った少女が懸命に踊っている。
もうすぐ秋祭り。

稽古が終われば、厳しく稽古をつけていた青年たちに和む時間がやってくる。
もうすでに祭りは始まっているようだ。
f0064415_06750.jpg

                           松本市下今井神社で
[PR]
by kanekonekokane | 2007-09-09 00:06

「ゲド戦記」本


f0064415_1471749.jpg

 どうも、ゲド戦記が好きなようだ。

 ピンク色の本は、非売品で映画のDVD発売キャンペーンで配布していたのをジブリのショップでもらったのだ。糸井重里がプロデューサーとなっていて、発行はディズニージャパンというもの。
 はじめに、中沢新一が語った話を、まとめた文章が載っているが、これが「ゲド戦記」入門としてはかなりいいものだと思う。
 映画がわからなかった、という人も、これから本を読もうという人にも有効だと思う。とくに男女、家族関係からの視点は現代的でとても面白い。
 「本当の人生を一緒に歩いていく相手とは、若い性的な欲望や幻想の延長によって結ばれてはいけないのです。いろいろな体験を経て、幻想などもはや生まれないような状態になってはじめて人間として相手を確かめる。」と、(魔法使いでも巫女でもなくなった)ゲドとテナーが長い別離を経て結ばれ、竜の子テルーを家族としていきていく姿を意味づけている。

 中沢は、最後に映画になったゲド戦記に触れている。原作の形をとどめていない映画に原作者は気に入らないだろうとしながら、「アジア的解釈」のひとつだと、肯定的に語っている。
 「白人世界の伝統的な価値観や世界観に抗うようにして60年代末に生まれてきた原作にたいして、映画版は、日本のある種の神話的な世界像からそのまま生まれてきた作品です」
 神話的、というあたりが中沢らしい言い方だけど、わたし的にいうなら、日本現代の家族問題が大きく反映しているということだろうと思う。
 力を失った父親、反抗的で打ち解けない娘、父を殺し悩み傷ついた息子、それに自らも世間から疎まれる存在でありながら、家族を見守り、それぞれの闘いに送り出す母親。
 これほど今の日本の家族を象徴する4人はないだろうと思う。

 この本の後半は、さまざまな人が書いていたりインタビューに答える形で「ゲド戦記」を語っている。中でも訳者であり原作者に近い清水真砂子がル=グウィンについてインタビューを受けている中で、映画化にあたってコメントを求められている答えがいい。
 「詩人にうたうな」とはいえない、と映画作家の解釈の自由に賛成している。
 ル=グウィンが自身のwebpageでジブリ映画について見解しているが、これも読んでおくとDVDで見返すときによいかもしれない。

http://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

 さて、写真に写っているもう一冊だが、「ほんとうのゲド戦記」。
 翻訳者に挑戦状か、と思ってよんだが、センセーショナルなのはタイトルだけで、いたってマジメな英語の読本風である。原作は中学英語で理解できるから、というわけでこれぞという箇所を原文で読ませ、著者自身の訳をつけ、言葉の意味を詳解してくれる。
 この本は、どちらかというと、全巻を読破してから読んだほうがいいと思う。

 ついでだが、写真に2冊の本のほかに、怪しいケモノが撮影されているが、Alieというネコんちのネコである。
[PR]
by kanekonekokane | 2007-09-08 14:19