ねこの生活と意見 nekokane.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

きょうも良き日


by neko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


魔笛


 映画「魔笛」を見た。
 モーツアルトのオペラを映画化したものだが、第一次世界大戦の戦場を舞台にしている。
そして王子タミーノは将校として戦場で「大蛇」のような毒ガスに気を失う。(オペラでは、エジプトの王子は大蛇に襲われる)
 設定とせりふは原作とかなり異なっている(これはフツウの上演でもそういうことが多い)が、音楽はモーツアルトのままである(と思う)。

 序曲のシーンが印象的で、俯瞰しながら移動するカメラが、ワンカット(だと思う)で戦場の全貌を描いている。どこまでも続く草原、そこに掘りめぐらされた塹壕は切り傷のように見える。
 この序曲もそうだが、アリアやドゥエットの長い歌の場面もCGを多用して退屈にさせない画面にしている。

 この「魔笛」のリメイクで、いちばん面白いのはザラストロの描き方であろう。
 夜の女王と対立するザラストロは、ふつう神的なカリスマで、平和と愛を尊ぶ人格ながらも、むしろ尊大なリーダーとして描かれる。
 が、この映画では、彼は王国の主というより病院と作業所をあわせたようなコミュニティの指導者として描かれている。彼は仕事着を着て、自ら率先して労働する。

 オペラではザラストロの城に入り込んだタミーノが、はじめに出会うのは「弁者」であるが、映画では自らを名乗らないザラストロ自身なのだ。タミーノは作業服の彼がまさかザラストロとは思わず、彼のことを聞き出そうとする。
 夜の女王から、ザラストロにさらわれた娘のパミーナを救ってくれ、と頼まれていたタミーノ。
やがて高らかに音楽が鳴って偉大なザラストロ様の登場だと、合唱が歌う中で、ひろばの中に作業着のまま登場したザラストロを見たときタミーノの心は大きく揺らぐ。

 この「民主共和制」の指導者として描かれたザラストラは共感できる。
 とくに沖縄の「平和の礎」を思わせる戦死者の墓でのザラストロのアリアのシーンは秀逸だと思う。
 平和の王国を継承する運命をになったタミーノとパミーナは、超えなければならない修業として、敵対する夜の女王軍に向かって進軍する。だが、タミーノの手には銃はなく、「魔法の笛」をパミーナとともに高くかざして敵に向かう。後ろからつづく兵士も次々に銃を捨てていく。
 この武器を捨てた進軍に、夜の女王軍は恐れおののいて敗走する。

 おとぎ話のようなことに思えるが、戦争放棄の9条を持ったわたしたちの国の思いを描かれたようで、絵空事と思いながらも「本当はそうなんだ、殺されても殺すな、こそが平和を生み出す戦いなのだ」とわたしは思った。

 平和の王国を継承する若い夫婦の像が城のてっぺんに奉られる。「魔笛」を高く掲げ金色に輝くそれは、やがて民衆を見下し、専制的な社会主義になるだろう、という暗喩を含んで映画は終わる。

 見終わったあと「ゲド戦記」を思い出した。
 「ゲド戦記」を最終巻まで読むと、アースシー王権を継承した愛と平和の王「レバンネン」を、否定するような終わり方をわたしは感じるし、闇との戦いの果てに、世界に光と平和をもたらした勇者「ゲド」にも自己否定を迫っていると思えるのだ。
 映画「魔笛」と小説「ゲド戦記」には、「世界は平和であればよい」という単純な命題を超えて、平和の意味を問う共通のテーマを感じた。
 「光は闇の中にこそ、しかし光の中にはいつも闇が潜んでいる」のだと警告を。
[PR]
by kanekonekokane | 2007-08-24 01:03

N.J.Z.


 Nebojsa Jovan Zivkovic 氏との出会いは、おそらく生涯のなかでも滅多にない印象深いものだ。
 GONNAの演奏で、はじめて彼の作品を聴いたとき、心底わたしは感動した。
 GONNAがはじめに演奏したのは「TRIO PER UNO」だったが、クラシック系譜の現代曲にありがちな難解さがなく、画像が浮かんでくるようだった。
 この演奏がGONNAというグループに決定的な影響をもたらしたと思う。
 ひとことで言ったら「和太鼓の可能性」をもうひとつ見出した、ということだろう。
 和太鼓がJazzとセッションしたり、さまざまなワールドミュージック系の音楽と一緒に演奏するのは、すでにやられてきた。またクラシックの分野でもオーケストラと競演したりもしてきた。
 しかしGONNAがしたことは、洋楽系の打楽器を前提にした現代曲を和太鼓で演奏したのだ。
 これはもちろん世界で始めてのことだ。
 次に取り組んだのが、「Lamento e Danza Barbara」で、マリンバと3人の打楽器奏者のためのと副題のついた2楽章。
 ストーリーを思い描けるようなドラマティックな内容、東欧の音楽伝統につながるメロディ、グルービーでドラスティックなリズム、これがGONNAのひとつの結論だとわたしは思った。
 クラシックファンからポップスファンまで、いやいや、とくに音楽を趣味としていない人も、この曲には引きつけられる。事実、野外の夏祭りで演奏して観客の喝采をいただいたことがある。それも一度ではないのだ。
 GONNAが音楽の世界で、誰もだ出来なかったようなスゴイことが、いま目の前で成し得たとわたしは、そのとき思った。 
 この曲は20回以上は演奏しているが、演奏を聴くたびに新しい発見と感動がある。

 その作曲家にあえる、しかもその前で演奏できるなんて夢である。
 そして夢は叶った。
f0064415_22374725.jpg

 
 ネボウシャのメールの末尾にはゲーテの言葉が書かれている。

 「たったひとつのことを成し遂げなさい。そうすればほかのことも自ずから成る」と
[PR]
by kanekonekokane | 2007-08-17 22:46

伊勢音頭恋寝刃


 毎年夏休みに学生を連れて文楽を観るのが恒例になっており、2部の「鎌倉三代記」を30日に、3部の「伊勢音頭恋寝刃」を1日に観にいった。

 「いせおんどこいのねたば」は、辛抱強く、義理堅いまじめな「福岡貢」が、10人を斬り殺す過程を描いている芝居。
 貢の主人が探している刀は見つかったものの、「折り紙(証明書)」がない。それを隠し持っているのが遊郭「油屋」に出入りしている岩次。貢の恋人である遊女のお紺は、岩次から言い寄られている。お紺は折り紙を手に入れようと岩次に近づく。
 しかし貢は、お紺に裏切られたと思いお座敷に乱入する。

 岩次と遣り手の「万野」に悪口の限りを言われて、貢は油屋から追い出される。
 貢の悔しさは観客に伝わり、ぐっと我慢して下手にハケル貢に、わたしも胸をなでおろす。
そう、そこで刀を抜いたらお終いなのだ。

 しかし、2幕になって事態は急変する。
 油屋にもどってきた貢は、ふとした事故で万野を切ってしまう。貢の持った刀の鞘が割れて、本身が万野の肩にあたってしまった。動転する二人。
 貢は「南無三、手が廻ったか、もう百年目」といって、逃げる万野の髪の毛をつかんで胸を刺して殺してしまう。
 それからとり憑かれたように、つぎつぎに殺人を犯していく。
 夜の宿の玄関から、廊下、奥庭と舞台の鮮やかの明転(明るいままの転換)の見事さ。
 しかし、場面は凄惨である。手燭をもった手がとび、首がはねとぶ。
 なかでも、おかっぱの子女郎が何の事情も飲み込めないうちに、足を切られ、残った足でぴょんぴょんと数歩あるいて倒れる場面の太夫の語りと演技には凄まじいものがある。
 切られた足が客席のほうにとび、しばらく血のついた足が「けこみ」の上にのっているのが見えているのが一層悲惨である。
 それにしても、この貢の凶行は何なのだろう。
 刀の持つ魔力にとり憑かれたのか、
 血を見て狂ったのか、
 それにしては、最後にお紺がでてきてからはずいぶん理性的で、お紺に促されて、刀と折り紙を持って主人のもとへ走り去っていく。
 貢が狂気のまま、お紺との愛も主人への忠誠もなげうって、きらりと光る刀の魔力に取り付かれたまま幕が引かれたほうが、逆に論理が通っている気がする。
 幕は引かれたが、刀を受け取った主人は、子どもまで巻き添えにした貢の行為をどう受け取ればよいのだろうか、後味の悪いものがジンワリと上ってくる。

 やさしいはずの兄が気の強い負けず嫌いな妹を殺して死体を解体した、という事件があったが、この兄もどこかで理性が切れて「心身膠着」になっていたのだろうが、しかし事件を起こしてからの行動などは理性的なようだ。
 今はやさしい兄にもどっているのだろう、そうだとしたらよけいに妹への激しい憎しみの一瞬は、一層不可解なものである。
[PR]
by kanekonekokane | 2007-08-02 15:57