ねこの生活と意見 nekokane.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

きょうも良き日


by neko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧


音騒鼓周辺


名古屋市の極西北に音騒鼓(GONNAstudio)はある。
すぐ西北に巨大な交差点である清洲インターチェンジがある。
名古屋の外をぐるっと囲む環状道路R302と名岐バイパスといわれるR22号が立体交差し、空中では東名阪と名古屋高速が交わっている。
f0064415_2113649.jpg

どういう風景でも夕暮れは美しい。
[PR]
by kanekonekokane | 2006-03-31 21:17

新芽


f0064415_0342197.jpg

芽吹きとはよく言ったものだ。芽が吹きだすとは、
花梨の新芽。花梨は木の肌もきれいだし、枝の感じも力があっていい。
花もピンクでかわいいし、実も大きく香りが最高である。
これで実が食べれれば言うことないのだが、、、、
[PR]
by kanekonekokane | 2006-03-26 00:59

野菜ばっかり


f0064415_1173370.jpg

お店では売っていない野菜を作るのが楽しい。
この大根は長さが20センチくらい。太さはまあまあ普通。
みずみずしい上に皮が柔らかい。
皮をむかずにこのまま煮たり、おろしてもダイジョウブ。
もちろんサラダは最高である。
[PR]
by kanekonekokane | 2006-03-25 01:23

芽キャベツ


f0064415_21502890.jpg

 奇妙な野菜である。
キャベツのなかにキャベツができている。
 このちいさなキャベツは成長しても大きな玉にはならず、葉が開いていってしまう。
 キャベツの枝がついていると考えれば、なるほどと思える。

 これを掻きとって、スープの実にしたりクリーム煮にしたりグラタンにする。
香りといい、食感といい春の味である。
 毎年収穫期にアブラムシが発生して、時はすべて捨てるときもあるくらいなのに、ことしは春寒のおかげでまったく虫がいない。
f0064415_21524018.jpg

 収穫した芽キャベツ。向こうに植え付けを待っているレタスとキャベツの苗が見えている。
[PR]
by kanekonekokane | 2006-03-24 21:58

また水仙


f0064415_2174613.jpg

水仙続き。
花は、改良して花を大きくするとニオイが消えていく傾向がある。
虫を呼ぶニオイを持っているということは、いっそう原始的なわけだ。
この水仙もあまり匂わない。
品種改良の結果、背の高さは低いまま花が大きくなってしまった。
「キレイだけど、どう見ても不恰好だよ、お前」 とシャッターをきりながら失礼なことを言ってしまった。


f0064415_21115268.jpg

この水仙は原種に近い。
背丈は10センチにもならないし花もガクの直径にしても2センチ5ミリというところだ。
 においはどうだったかな?
いま、確かめたくて、暗い庭に出てニオイを嗅いできた。
  ・・・意外にもニオイはうすい。
 香りの姿も花も控えめ、
「楚々としている」とはこの人たちのみたいなことを言うのだろうね。
[PR]
by kanekonekokane | 2006-03-23 21:22

畑直送


f0064415_1841564.jpgほうれん草
レッドリーフレタス
サラダ菜
小松菜
水菜
新たまねぎ
パセリ
など



畑の野菜の、まだ成長しきっていない葉っぱを手当たり次第に抜いてきて作るサラダ。
レタスなんか玉になる前にさんざん食べてしまう。
種から何十株と作って、玉まで育てるのは10株くらいかな。
大根やキャベツのカイワレから1,2枚の葉がでてきたものとかがどんどん犠牲になっていく。
もう少し成長すると今度は「おひたし」のために犠牲になってしまう。
[PR]
by kanekonekokane | 2006-03-22 18:18

水仙


f0064415_1725132.jpg

この白い色がとても清楚なんだけど、ニオイがすごい!
外で風に乗ってくる程度なら、いいにおいだけど部屋に入れると臭い。それも「う○ち」のニオイだから困るのだ。
同じ成分のニオイでも濃度によってよくもなるし、悪くもなる。
それにしても、この白はきれいだよね。中のメシベの黄いろがなんともかわいい。
しかも水仙のなかでも、イチバンの早咲きである。
f0064415_17291660.jpg

わたしのキッチンガーデンの一角で、今日も悪臭を放っている。
[PR]
by kanekonekokane | 2006-03-22 17:30

クリスマスローズ


f0064415_16471318.jpg

 この色のクリスマスローズがふつう。
でも植えた場所なんかで変化大きいから「ふつう」というのもヘンだけど。
きれいな花ではないけど、どこか趣がある。
 下向きだからかね?「下向き ずんこさん」に似て、、、、

 庭の花梨の根元に植わっている大きな株で、いつも長く咲いてくれる。長く咲くのはきれいな花よりジミでもこういう花がいいね。
[PR]
by kanekonekokane | 2006-03-22 16:53

虹色の翼


 障害者とともにミュージカルをつくっているAn-Pon-Tanの「虹色の翼」をみた。
 GONNA on webのBBSにも書いたが、脚本と演出が長けていて、長い時間だったが飽きなかった。

 合唱でフレーズの頭にアクセントつける歌い方がずいぶん見られたが、そういう振りもついてしまっていて、一つのパターンになっている。
 振り付けとしてアクセントの効いたリズム感のある感じには見えるが、チカラも入ってしまって、言葉の頭がわかりにくくなっている。
 こういう歌い方を指導しているのか演出なのかわからないが、気になるといえば気になる。
 コトバの頭が聞きづらいのと、その次の音が荒れてきたない声になってしまう。もったない。
 
 でも、まあ良いではないか、耳の不自由な客のために字幕が出ているが、聞き取りにくい歌は字幕を見ればよいのだ。そのためのハイテクではないか。わたしも字幕にずいぶん助けられた。

 主役のマサヤのストレートな声はすばらしいし、ユウの歌もうまい。それに脇役がはまっていて面白いしギャグもしゃれている。
 歌ではトビラノムコウという歌がとくに出来がよかったと思う。詩もすてきだ。

 ラストシーンで全員で踊り歌うのを見ながらミュージカルは可能性がある、と思った。そんなことを四季の舞台ではなく、この舞台で確認できたのがうれしい。

f0064415_22594031.jpg


      「虹色の翼」  2006年3月18日名古屋市民会館で
[PR]
by kanekonekokane | 2006-03-18 23:32

藪椿


f0064415_03193.jpg

わたしが死んだら、この木を墓標にして欲しい。

    ・・・こんなところに遺言はいかんか(笑)
[PR]
by kanekonekokane | 2006-03-17 00:06