ねこの生活と意見 nekokane.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

きょうも良き日


by neko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:山( 2 )



千畳敷でスノーシューイング。
日曜日の登山客が降りてきている菅の台バスセンターの駐車場に3時少し前に着いて、最終のバス、ロープウェイを乗り継いで4時過ぎにホテル千畳敷に入る。
天気が良く、富士山が見えている。
f0064415_00464529.jpg
ホテルの料金は、バス、ケーブル込み2食付き9800円。夕食は豚汁、朝食は夜のうちにおにぎりが渡される。山小屋の個室に比べても安い。しかも風呂付である。
その格安プラン以外のホテルの客はタイやシンガポールからの観光客が多い。この手軽さで岩稜の雪山を見られるのは、アジアではもちろん、世界でもヨーロッパアルプスを除いてはそうはないだろう。
翌朝、少し雲が出てきているが、ほぼダイヤモンドフジ。
f0064415_00465822.jpg
サギダルのほうへ足慣らしで歩いてから、カールの淵をあるいて、前山への尾根、和合の頭の方向にあるダケカンバの疎林に入る。枝を避けながら、ジグザグに歩くのもスーシューイングならでは楽しさ。写っているのは同行のわが娘のChihhy。昨年美ヶ原、上高地と一緒に歩き、今年アトラスのスノーシュー、ストラタス エレクトラ23を買った。私のはMSRライトニングアッセントだが、やはり山岳用としているだけあって、20度を越すくらいの斜面では差がつく。
f0064415_00480494.jpg
浄土乗越が雪崩の危険があるときは、このダケカンバを抜けて尾根筋を登るらしいが、岩稜なので雪崩の心配は少ないが、ザイルが必要だと思う。
浄土乗越へ続くトレールへトラバースして、いけるところまで登ったが、3分の一くらいのところで限界。これ以上はアイゼンの世界である。
モホモホのパウダースノーをすべり下りる。痛快。特にストラタス エレクトラはこのいうときは良い。Chihhyも気持ちいい!を連発である。
朝日がすっかり昇ると、風が少し出てきてうっすらと雲も出てきた。
9時半にホテルに戻ると一番のロープウェイの客が登攀の準備をしていた。
f0064415_00474688.jpg


[PR]
by kanekonekokane | 2016-12-30 01:34 |

養老山地~ダイラ~


f0064415_20434885.jpg
ダイラというらしい。養老山の北側にある表山、裏山という山の北に広がる平らな地形である。
この日は勢至の部落から行平尾根を登り、石灰岩が露出した峰を越えてダイラに入った。
600mほどの山とは思えない深さ、美しさ、趣がある。

最近、養老山地をよく歩くようになった。もともとトレーニングで私のうちから石津御嶽の五合目に上るということを週3回くらいやっていたが、時間のある時は石津御嶽山頂まで行くし、そこから南へ多度のほうや、北へ桜番所のほうまで走る。
養老の主稜線は林道を避けたり、県境の標識をたどったりで枝道が多く派生しているが、だいたい明確にトレイルはある。しかし支稜線になると、国土地理院2万5千分の1図にある点線はそのままではない。ちなみにわたしのトレーニング道である御嶽神社の参道はなぜか地理院地図では記されていない。
そんなわけで、ヤマレコなどにも記録のない尾根に少しづつ興味が出てきて行平尾根を思い立ったのである。

養老の滝の至近にある駐車場へいく道路の途中に表山へのトレイルヘッドがあるが、そこに自転車をデポして、車で移動。石畑と勢至の境の谷の堤防に車をおき、東海自然歩道から行平谷の南支流に入り、尾根を適当に上る。GPSと地図の点線は一致しないので、歩けるところを登っていく。
点線の道はほぼ消えている。

f0064415_21194803.jpg
痩せた尾根と浅い谷が構成する複雑な地形。
写真はやせ尾根の幅以上に木の根が張っている箇所で、写真で見るより両側は切れ込んでいて、回り込むのに苦労をした。
次第に谷が食い込んで尾根が消え、谷を行くことになる。谷は落ち葉が数十センチ積もり。それなり歩きづらい。
尾根、谷を繰り返してやがてダイラに出る。
GPSを頼りにルートファイディングを楽しめるいい山である。

f0064415_21233910.jpg
落ち葉に火が付かないように落ち葉を掻きわけて、アルコールストーブを置く。湯を沸かしてコーヒーを淹れる。
ただただ静かである。
それから裏山、表山、ふみ跡が残っている尾根を下って、自転車を拾い車に戻った。

[PR]
by kanekonekokane | 2016-12-20 20:42 |